銀行カードローンをおまとめローンとして利用する

銀行のカードローンはおまとめローンとして利用することもできます。銀行には融資を年収の3分の1までに限る総量規制がかかりません。銀行のカードローンであれば総量規制を気にせずにお金を借りることができるし、すでに何社もの借入がある場合は銀行のカードローンをおまとめローンとして適しているのは、利用限度額の上限が高く金利が安いからでもあります。おまとめローンの目的は主に低い金利で借り換えることで支払を減らすことにあります。低金利の銀行カードローンはおまとめに最適なのです。

 

ただし、銀行カードローンをおまとめに利用するには注意しなければならない点があります。それは借り入れが大きくなりすぎていると審査に通らないということです。銀行の審査が厳しいことはみなさんご存知の通りですが、おまとめということは既にお金をよそから借りている状態で銀行の審査を受けるということです。他社からの借り入れが大きすぎる場合、銀行の審査に通らない可能性も考えられるのです。いくら銀行に総量規制がかからないといっても、銀行は独自基準で審査を行っています。銀行カードローンをおまとめローンとして利用するならば、借り入れが大きくならないうちに審査を受けておいたほうが良いのです。

上手く活用するおまとめローン体験談

私は以前融資の金融4社からお金を借りていました。当時は学生から社会人になりたての頃で給料もあまり高くありませんでした。借りていたお金はトータルで約120万円です。その他にも車のローンを組んでいたりと多くの借金をしていました。借りれるうちはいいですがどの金融会社も上限まで借りてしまうと残るは返済だけになってしまいます。当時の給料からすべての返済が上手く行くはずがありませんでした。そこで4社のうちの一社がおまとめローンを紹介してくれました。月々金融への返済が約5万円でしたが4.5万円に抑えて生活は出来るようになりました。しかし、他のおまとめローンと実質年率を比べてみると割高だったため。最寄のM銀行の窓口で返済の相談すると、銀行でもおまとめローンがあり今利用しているカードローンより実質金利が安くなることがわかり、この銀行で再度おまとめローンで全てM銀行に借り換えを行いました。最初おまとめローンを利用する前の金利が18%〜17%が平均だったのが最初のおまとめで15%、次に銀行のおまとめローンで10%に実質年率も減り、毎月の利息も10000円も少なくする事が出来。元金の返済と利息を含めて毎月5万円だった返済が4万円まで少なくすることに成功し返済までの利息で273,000円得しました。知らないと損するって、きっとこういう事なんだなーっと思いました。

おまとめローン、失敗しないために

いろいろなところからの借り入れを、一括してまとめてくれ、利率も低くなる可能性のあるおまとめローンですが、気を付けないと高利率の返済に巻き込まれてしまう可能性があります。良心的なおまとめローンの会社を選べば、返済日は月に1度になり、利率も下がり、きちんと月々の計画が立てられるようになり…といいことづくめです。計画的に運用できることにより、思わぬ余裕が生まれてくるかもしれません。そんな便利なおまとめローンですが、街にはいろいろなおまとめローンの会社があります。きちんと調べないで借りてしまうと、思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。

 

まず、利率は必ずチェックしましょう。低すぎるのは危険だと言われています。最初の契約の時には低くても、融資が終わったらあっという間に20%を超えてくる会社が中にはあるという話を聞いています。8%から18%までの間なら、良心的といえるのではないでしょうか。銀行系のおまとめローンはあまりそういった急な変動はないようです。そして、いくらまで貸してくれるか、というところも大事です。多ければ多いほどいいわけではなく、きちんと自分の年収にあった額を提示してくれるところがいいでしょう。自分の年収に比べてアンバランスな借入額を提示するところは、何か裏があると思ったほうがいいでしょう。借り入れの前に、その会社のホームページなどは、隅から隅まで読むことを勧めます。会社によっては、勤務先に確認の電話をするところもあります。年齢制限があるところも多いので、制限に引っかからないかどうか調べる必要もあるでしょう。きちんといろいろな会社を比べて、自分に一番いいおまとめローンの会社と出会ってくださいね。

おまとめローンの関連情報サイト

おまとめローン|低金利で返済楽々! おまとめローンに関する情報サイトです!メリットや返済にまつわる情報が紹介されています。
カードローン審査 | 審査の前に知ると得する情報! 申込み前のカードローン審査に、ちょっと不安がある方は参考にご覧ください。

更新履歴